【工場で働こうか悩んでいるあなたへ】私は8年間工場で働きました。工場勤務のいいところを経験談として書きます

こんにちは、takuyaです。

私は8年間工場勤務をしてきました。業務内容は一通りできるようになり、上司、先輩にも意見を出しやすい立ち位置になりました。そんな私が工場勤務のいいところ、きつい事を紹介していきます。

・工場勤務の1日の流れ
・工場勤務のいいところ5選
・工場勤務のきついところ

工場で働こうか悩んでいる方の参考になればいいなと思います。

目次

■工場勤務の1日の流れ

【残業なし】10分休憩が10時、15時、にあり60分休憩が12時からあります。

【残業あり】10分休憩が10時、15時、にあり60分休憩が12時からあります。

工場勤務の1日はこんな感じです。休憩時間が安定してるのがいいとこですね。参考にしてください。

■工場勤務のいいところ5選

上記にもあるように私が工場勤務してきてよかったところを5個あげていきます。

・未経験からでも入社可能
・1人でもくもくと仕事ができる
・やりがいを感じれる
・自分なりに工夫ができる
・夜勤があれば給料が増える

一つ一つ解説してきます。

>1人でもくもくと仕事ができる

業務内容を一通り覚えれば、誰かに指図される事なく黙々と仕事に集中できます。

入社すぐには1人で仕事をするのは難しいですが。半年ぐらいで1人で業務を任せられると思います

>未経験からでも入社可能

ほとんどの工場の求人は未経験から募集されています。なので入社してから仕事覚えるという流れで大丈夫です。やってみたい業務内容を探しましょう!

>やりがいを感じれる

最初は仕事でミスすることが多いと思いますが、半年後はミスが少なくなり自分ができる仕事の幅が広がったりやりがいを感じます。

>自分なりに工夫ができる

業務を1人でできるようになれば、自分なりの目標ができそれに向けてどう作業するか自分なりに工夫ができます。このような試行錯誤ができるようになれば仕事が楽しくなります。

>夜勤があれば給料が増える

24時間稼働している工場には昼勤、夜勤と勤務時間が分かれています。夜勤がある工場に入れば給料に手当がつき、月々の給料が大幅アップします。

■工場勤務のきついところ

いいところでもあげましたが工場勤務には夜勤がある場合があります。

夜勤はきついです。

昼に寝て夜に働くことで生活リズムが崩れます。最初はなれずきついなあと必ず思います。

私も夜勤で6年間は働いていましたが、昼間に熟睡できず仕事中眠くなることがよくありました。

給料が増えるのできついのも頑張れそうですが、

生活リズムが崩れ精神的につかれ、病んでしまうという例もありますのでこれから夜勤のある工場で働く場合は気をつけて欲しいです。

あわせて読みたい
【夜勤はきつかった。】6年間夜勤ありの工場で働いた私の感想です。
【夜勤はきつかった。】6年間夜勤ありの工場で働いた私の感想です。わたしは、2交代勤務の工場に6年間勤めてました。もちろん夜勤もやってきました。結論:夜勤はきついですですが6年間も勤務してたので慣れた部分もあります。給料も夜...

夜勤の働き方について書いた記事もあるので参考にしてください。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして拓と申します。

私は現在27歳です。 8年間工場勤務をしてきましたが、「自分にもっとスキルをつけたい!」「もっと稼ぎたい!」という欲からブログを始めました笑

まだブログ初めたての初心者です。よろしくお願いします。

私のブログでは、私が学んだ事、得た知識を元にブログ記事を書いていきたいと思います。

スマホゲームが趣味なので、スマホゲームの記事も多めになります。

読者に見やすい記事を書いていきたいと思うのでよろしくお願いします。

【連絡先】
運営ブログ:FORMEBLOG
運営者: 拓

 

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる